120%以上の担保付き、元本割れ0件のみんなのクレジットとは

融資額の120%もの担保が付く上に、開始以来元本割れしてしまった案件は未だ0件という比較的リスクの低いソーシャルレンディングサイトであるみんなのクレジット。その安全性に加え、お得なキャッシュバックキャンペーンも頻繁に行うことでも知られています。そんなみんなのクレジットについて徹底解説!

みんなのクレジットとは

最低10万円から出資可能なソーシャルレンディングサイト。案件の中心は不動産や中小企業への融資で、平均期待利回りは7~8%程度。国内ソーシャルレンディングサイトの中では、リスクを取り除く、元本割れを防ぐことにかなり力を入れている。また、将来への展望も多岐に渡っており、人工知能を活用したり。民泊ビジネスに進出する計画を発表したりと、先進的な取り組みを数多く行っている。

みんなのクレジットは上場経験のある敏腕経営者が運営

みんなのクレジットを運営するのは連続起業家としても有名な白石伸生氏で、学生時代に起業したブライダルジュエリーの企業を上場させた経験を持ちます。その後もゴールドマンサックスに2社会社を売却したりとかなりの敏腕で、今回のみんなのクレジットにも期待が高まります。

ceo
引用元:元全日本プロレスオーナー白石伸生のブログ
http://profile.ameba.jp/alljpprowrestlingowner

学生という立場で会社を設立した白石氏。事業は順調に伸びていましたが、ブライダルジュエリーの店舗を新規出店する際にその身分がハードルとなり、銀行融資などが受けられないという経験をしました。融資が受けられればもっとスピード感のある事業展開が可能だったことでしょう。

この、学生時代の資金調達に苦しんだ過去の原体験がきっかけとなり、白石氏は上場事業などの信用のある企業はともかく、地方の数百万社という中小・ベンチャー企業が事業の成長に必要な資金を調達できていないという問題意識を持つようになり、みんなのクレジットを創業するに至ったようです。

”ソーシャルレンディング投資家の人は沢山いて10万円、20万円とお金が集まっていくと、すぐに数億、数十億になっていく、これにより多くのことができるようになっていく。収益も大事だが、その社会に貢献したいという投資家のお金の仲介をしていくソーシャルレンディングというビジネスは一生をかけてやっていく、社会貢献の高い価値のあるビジネスだと思い、参入を決めた。”
引用元:みんなのクレジットインタビューその1 ~起業の経緯、差別化について~
http://quadstormferret.blog.fc2.com/category28-2.html

みんなのクレジットはキャッシュバックがすごい、実質利回りを押し上げるキャンペーンを見逃すな!

みんなのクレジットが2ちゃんねる等ネット上で語られる際に、必ず話題になるのがキャッシュバックです。キャンペーンをフル活用すると、実質的な利回りが25%を超えてくることもある、と言われており、キャンペーン期間中は出資が激増するようです。

以下は実際に過去に行われたキャッシュバックキャンペーンの詳細です。複数の商品を一度に購入するなどの条件がありますが、凄まじい大盤振る舞いですね。

なお、キャッシュバックは運用開始後利回りよりも早く分配されますので、それを考慮するとキャッシュバックの利回りはもっと高くなります。キャッシュバックも含めた利回りと考えると、他社の追随を許さない数値になりそうです。

cam
引用元:B級IPO並みの利益が貰えるかも!? みんなのクレジットが超絶なキャンペーンを始めました

B級IPO並みの利益が貰えるかも!? みんなのクレジットが超絶なキャンペーンを始めました

実際に計算した方は利益が倍になる、と述べています。

”単独キャッシュバックもコンボキャッシュバックも考慮しない場合の100万円の税引き前利益は約3万4千円ですので、キャッシュバックにより利益は倍近くに膨らむことになります。”
引用元:みんなのクレジット サマーカーニバルに参戦
http://quadstormferret.blog.fc2.com/category28-1.html

みんなのクレジットは、なぜこのような大盤振る舞いのキャッシュバックキャンペーンを行っているのでしょうか。そこには自社のユーザーを大切にしたいという白石氏の想いがあるようです。

やはり、まだまだソーシャルレンディングという仕組みは、世間の認知が低く、各ソーシャルレンディングサイトは新規アカウント獲得に広告費を数万円単位でかけています。この構造に疑問を感じた白石氏は、新規ユーザーよりも既存顧客を優遇する方針を取っており、新規アカウント獲得にかける広告費を既存ユーザーへのキャッシュバックに充てているとのことです。

120%の担保付きソーシャルレンディング

みんなのクレジットでは、あらゆる案件に融資金額の120%以上の価値の担保が付いています。貸し倒れが起き、銀行などが回収を行ったとしても返済の余裕がありますし、担保価値が何らかの要因で減少しても元本を毀損する可能性は低く、かなり安全度は高そうです。

リスクが低い、元本割れは0件

みんなのクレジットでは、社内に抱える銀行出身者や商工ローン出身者などが厳格な審査を行っており、サービス開始以来元本が割れてしまった案件は1つもないとのことです。

2017年9月から人工知能を使った自動融資システムを開始

そういった厳格な審査に加えて、みんなのクレジットでは国内ソーシャルレンディングサイトの中ではじめて、人工知能を利用して融資の可否判断や条件を決める取り組みを行うことを発表しています。

“これ(人工知能)は約1000項目のスコアリングモデルシートを作成し、ディープラーニングを用いて審査を実施するものです。”
引用元:人工知能を用いた融資審査システムを開発し日本の金融を変える
http://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NBO/16/m_credit0808/?s_cid=nbpnbo_lfcx

人工知能による融資が実現されれば、国内では案件の少ない個人向けの融資案件の増大が期待され、消費者金融のマーケットをリプレイスする可能性があります。所謂P2Pレンディングに近い世界観が達成されるでしょう。

いかがでしたでしょうか。リスクを下げる取り組みに驚かれた方も多いかもしれませんね。安全性を担保しながらハイリターンを得たい方にはみんなのクレジットが最適です!

minnano

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*