ラッキーバンクをどこよりも詳しく徹底解剖

数あるソーシャルレンディングサイトの中でも、ここ数年人気が赤丸急上昇中のラッキーバンク。その人気の秘訣から、気になる利回りや手数料、デフォルト関連情報やリスク事項に加えて、2chやブログでの口コミや評判まで、徹底解剖します。

ラッキーバンクとは

ラッキーバンクは、ラッキーバンク・インベストメント株式会社が運営する、業界で最も人気のあるソーシャルレンディングサイトです。2014年創業と若い会社ですが、投資家からの信頼は厚く、直近では案件の募集直後に数分で出資枠が埋まってしまうほどまで成長を遂げています。

不動産融資案件を専門としたソーシャルレンディングサイトで、すべての案件に不動産担保が設定されていること、利回りが非常に高いことが特徴です。ラッキーバンクでは、担保の目利きに関しても明確な方針を打ち出しており、非常に安全性が高いと言われています。利回りに関しては、公式HPに記載されている数値は控えめに6~10%となっていますが、実際に募集されるほとんどの案件は10%前後と高い水準を保っています。

これだけ投資家のニーズに沿った運営を行っているラッキーバンクですので、ネット上や2chの口コミ・評判は非常に高いものがあります。

運営会社 ラッキーバンク・インベストメント株式会社
代表者 田中翔平
所在地 東京都中央区八重洲一丁目1番3号 壽ビル9階
利回り 6.8~10%
出金手数料 無料
デフォルト 0%
担保の有無 あり
お問い合わせ電話番号 03-6262-3477
FAX番号 03-6262-3478
メールアドレス info@luckybankinvestment.co.jp
設立 2014年5月
サービス開始 2014年12月
元本の返済 元本一括方式
分配タイミング 毎月分配
運用期間 3~36か月
早期返済 あり
最低出資金額 5万円前後が多い

ラッキーバンクの基本情報を更に詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。
ラッキーバンクの基本情報

ラッキーバンクのネットでの口コミ・評判

ラッキーバンクは急激に登録者数を伸ばしているため、ネット上には様々な口コミが書き込まれています。ブログなどを中心にラッキーバンクの評判を見ていきましょう。

“10パーセントの利回りはすごいですね。株式運用の平均利回りが3パーセントと言われているのと比べると、そのすごさが分かります。”
引用元:利回り10パーセント?!ラッキーバンク
http://18income.minibird.jp/wp/lucky-bank/

こちらのブログでは、早速利回りの高さに驚きの声が上がっています。日々様々な銘柄を分析し、株価の動きに一喜一憂して精神的にも負担を受けて3%程度の利回りしか得られない株式投資と比較すると、インカムゲインで安定的に10%の利回りを得られるソーシャルレンディングは非常に個人投資家の方々にも魅力的に映るようです。

“前回応募しようとして、結果投資できなかった案件は、募集開始が2016年6月29日19時に対して、終了が6月29日19時1分1秒なので、わずか1分で募集終了となってしまったのですが、今回応募した案件は、募集開始が2016年7月26日19時に対して、終了が7月26日19時7分38秒なので、7分半程度で募集終了となりました。”
引用元:ソーシャルレンディングのラッキーバンクで初めて投資実行してみた
http://kabuline.com/blog/page/58108/

別のブログでは、案件の募集が瞬時に締め切られてしまった件を詳細に記述しています。それにしてもわずか1分というのは凄まじいですね。
やはり総じてネット上での評価は高いようです。

ラッキーバンクの2chでの口コミ・評判

次は、2chでの口コミや評判を見ていきましょう。

“ラキバンかトラレンにしか投資してないわ
他のソシャレンは利回り低すぎ”
[高金利]ソーシャルレンディング[投資型クラウドファンディング]その20
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/market/1476343298/
※ラキバン:ラッキーバンク
※トラレン:トラストレンディング
※ソシャレン:ソーシャルレンディング

“ラキバン分配開始なんだけど、改めて見ると金額の多さに驚く。
やっぱりいいなー。”
[高金利]ソーシャルレンディング[投資型クラウドファンディングその18
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/market/1470316563/

こちらでも利回りの高さに注目が集まっています。出資時に計算していたリターンが実際に自分の口座に分配されると、また喜びも格別のようです。

“でもソーシャルレンディングは不動産を自分で管理するより
ずっと楽だし高利回りだと思う。
不動産だって空室リスクがあるからなんら変わらないし。
それでラッキーバンクみたいに10%くらいならじぶんは投資するなー。
あとは事故率だけだね。”
[高金利]ソーシャルレンディング[投資型クラウドファンディングその18
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/market/1470316563/

こちらは一般的な不動産投資と比較した上での意見です。ワンルームマンション投資やREITなども市民権を得ていますが、ソーシャルレンディングの手軽さや収益率が勝っているのではないかという主張ですが、概ね正しいと思います。
このあたりの議論を更に詳しく知りたい方は次の記事を参考にして下さい。
REITや不動産投資とソーシャルレンディングの比較

一方で、ラッキーバンクに関してのネガティブな評価にはどのようなものがあるのでしょうか。正直、ラッキーバンクは評価が相当高いので、それほどマイナスな意見は口コミとして書き込まれていないのが現状です。ほぼ唯一、以下のような口コミが記載されていました。

“ラッキバンクは社長が妙に若いしね、創業時は今の若社長は社長ではなく、
信頼できそうな社長だったけど消えて、今の若社長が社長の座に着いてる。
色々と勘ぐりたくなる、まぁ分散の1つとして利用はしてるけどね。
怪しいとは思うけど、利回りが魅力なのも確かだよ。”
[高金利]ソーシャルレンディング[投資型クラウドファンディングその17
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/market/1467026733/

確かに、過去、社長の交代が行われており、ラッキーバンク・インベストメント株式会社代表取締役社長の田中翔平氏は、まだ20代と年齢は非常に若いです。しかし、田中氏は短期間で事業を急成長させ、ラッキーバンクの名声をここまで高めたやり手社長です。また、交代時に副社長に就任した奥山氏は、東大→ハーバードを経て外資系の金融機関や不動産会社で数十年の輝かしいキャリアを持つ方で、ここまで田中氏の右腕として経営をサポートしてきました。このような背景をみると、このような評価を鵜呑みにするのは少し乱暴なのではないかと思います。

もう少し詳しく2chでの評判を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。他のソーシャルレンディングサイトも含めて、2chでの評判が一覧になっています。

ソーシャルレンディングの2ch口コミまとめ

ラッキーバンクは結局怪しい?

やはり、実際に出資を検討されている方ほど、ソーシャルレンディングの運営会社自体の信頼度が気になると思います。どれだけ募集案件の期待利回りが良くとも、融資先がデフォルトしてしまったり、担保価値が低く元本を回収出来なければ損失を被るのは投資家なので、当然ですよね。ここからは、ラッキーバンクがどのようにデフォルトのリスクを低減しているのか、投資家元本の安全な運用を実現しようとしているのかにフォーカスしてみていきましょう。

まず、前述の通りラッキーバンクでは全案件に不動産担保が設定されています。ここでのポイントは、「不動産」が担保に設定されていることです。他のソーシャルレンディングサイトの中には、「動産」を担保に設定しているケースが散見されますが、これは一般的に不動産よりもリスクが高いと言われています。不動産に比べて、株式や債券などは価格の変動が激しく、実際に貸し倒れが起き、担保を売却して投資家に元本を返済する、というタイミングで値段が下落してしまっているリスクが大きいからです。不動産ももちろん価値が変動しますが、動産よりはボラティリティが小さく、担保としては安全性が高いとされています。

また、ラッキーバンクの信頼に関する特徴として、透明性の高さが挙げられます。現在、貸金業法の規制により、各ソーシャルレンディング運営企業は案件ごとの融資先企業を具体的に公開することができません。金融庁からの要請も重なり、匿名化が必須となっており、業種や資金使途などの基本的な情報を記載するに留めています。

そういった背景の中で、ラッキーバンクは最も案件の詳細を投資家に公開しているソーシャルレンディング運営会社です。もちろん金融庁の許容する範囲内ですが、出資案件の立地詳細、資金調達の手法、担保物件の価格や、更には不動産価格調査報告書までプロジェクトページに記載しています。これほど徹底して案件の詳細を投資家に公開していれば、具体的な融資先こそわからないまでも、その案件の収益性や安全性について投資家自身がある程度デューデリジェンスを行うことが可能なのではないでしょうか。

更に、セミナーでの田中社長の言動などを追っていると、募集を実行する案件は調査を重ねて全検討案件の1割程度まで絞り込んでいるという趣旨の発言もあり、審査基準も相当厳しくしているようです。このような体制を整えているラッキーバンクを、怪しいという理由で一蹴するのはいささか乱暴なのではないでしょうか。

ラッキーバンクは儲かるの?

ラッキーバンクの案件は現在多くのケースで期待利回りが10%前後であることはすでに述べました。この数字が非常に高いという点は納得いただけるかと思いますが、実態としてラッキーバンクの実力はどの程度なのでしょうか。

ラッキーバンクは、2016年6月にLBIリアルティという子会社を設立しました。これは、不動産事業を専業で営む会社で、簡単に言うとこれまで融資先が行っていた事業を、自前でも行おうという試みです。仮に融資先が行っていた不動産事業を自前で垂直に完結することができるのであれば、融資先の得ていた利益も取り込むことが可能になるため、ラッキーバンクとしての利益率は増大します。仮にこの試みが本格的に実現するとなれば、ラッキーバンクのユーザーは更に高い利回りで分配を受けることが可能になるでしょう。

また、ラッキーバンクでは現在2周年記念キャンペーンを行っており、通常よりも高い利回りの商材を取り揃えています。今後もキャンペーン期間には、より高い利回りの案件を掲載することが予想されます。

また、ラッキーバンクがおすすめの理由を更に詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

ラッキーバンクがおすすめの理由

ラッキーバンクの手数料について

ラッキーバンクでは口座開設や口座の維持、分配時に必要な手数料は一切ありません。他のソーシャルレンディングサイトでは、リターンの分配金を出金する際に手数料を支払わなければならないケースが多いのですが、ラッキーバンクでは出金時の手数料は無料となっています。

ただし、新規にラッキーバンク内の自分の口座に資金をチャージする場合は、利用している銀行からの送金手数料が必要になります。これはどのソーシャルレンディングサイトでも同様にかかりますので、それほど意識する必要はありません。このラッキーバンク内の口座を預託金口座と呼びますが、新規に出資したい案件があれば預託金口座から出資を行い、リターンが出れば分配金として預託金口座に入金が行われる、というのが実際の投資の流れになります。繰り返しになりますが、この預託金口座から自分の口座への出金手数料は無料です。

いかがでしょうか。ラッキーバンクでの出資に興味を持った方は、是非一度、実際の募集案件を自分の目で確かめてみてください。

ラッキーバンク公式HP

Pocket

SNSでもご購読できます。