クラウドファンディングって儲かるの?【資産運用】【不労所得】

新時代の資金調達の手法として注目を集めるクラウドファンディングですが、出資をする立場からするとどのようなメリットがあるのでしょうか。資産運用や不労所得を考えてクラウドファンディングに興味を持った方もいらっしゃると思います。実際に資産運用や不労所得の一環でクラウドファンディングを検討している方に必要な知識と、利回りやリスクについて解説します。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて、不特定多数の人から資金を集める新しい仕組みのことで、その語源はcrowd(群衆)とfunding(資金調達)から来ています。もう少し具体的に実際の流れを説明すると、まずはじめにクラウドファンディングサイトに起案者の資金調達プロジェクトが掲載されます。起案者は併せて、出資者がそのプロジェクトへ出資するメリットや意義を掲載します。その内容が魅力的であれば出資者からの資金が集まり、起案者は資金調達が可能になります。出資者はその後、事前に約束されていたメリットを享受することになります。

クラウドファンディングには複数の分類があり、その分類によって資産運用に向いているもの、不労所得に向いているもの、社会貢献を主目的としたもの、特定のリワードを目的としたものなど、性格が分かれます。今回は投資家・出資者としての目線から、どんなクラウドファンディングサイトでどんなメリットが受けられるのかを解説していきます。

購入/寄付型クラウドファンディングは経済的リターン<精神的充足

購入型/寄付型のクラウドファンディングでは、経済的なリターンよりも、応援したい、支援したいといった精神的な充足に重きを置く出資者が集まる傾向にあります。具体的な代表例としては地域の町おこしのための軍資金を集めるプロジェクトや、インディーズバンドが新曲を出す際の製作費を集めるプロジェクトなどが挙げられます。出資者は出資の見返りとして、一例ですが地域の特産物を受け取ったり、新曲のCDのクレジットに自分の名前が載るなどの恩恵を受けることができます。

また、中には事前購入やファンクラブの要素を持つプロジェクトが掲載されていることもあり、支援のリターンとして開発中の新製品がいち早く手に入ったり、あるアイドルのクローズドイベントに参加できるといったメリットを設定する場合もあります。

国内ではcampfireというクラウドファンディングサイトが購入/寄付型では最大規模を誇っており、上記のようなプロジェクトに参加して支援することができます。

campfireとはクラウドファンディングのサイトの一つです。

融資型クラウドファンディングは資産運用、不労所得に最適

融資型クラウドファンディングは、ソーシャルレンディングとも呼ばれますが、出資者は経済的なリターンを主眼に置いて出資を行っているケースがほとんどです。仕組みとしては、出資者から集められた資金を事業会社や個人に貸し付け、その融資先から金利を乗せて返済された資金が手数料等を引いて出資者に分配される形になっています。融資先には、ソーシャルレンディングの性質上、一般的な銀行等の融資よりも高い金利で貸し出しているので、出資者は非常に高い利回りで自らの資産を運用することが可能です。

融資型クラウドファンディングでは新興国の高利回り案件に強いクラウドクレジットや、国内事業者や不動産に強いみんなのクレジットなどが有名です。

投資型クラウドファンディングの基本情報

投資型クラウドファンディングは、出資者の資金が事業の成長資金に充てられるという意味で、融資型クラウドファンディングとも性質が近しいのですが、そのリターンの仕組みが大きく異なります。融資型では、貸し付けた金利が出資者のリターンになりますが、投資型では出資先の事業によって生み出された利益が分配されます。当然、計画していた事業で利益を出せなければ分配額は小さくなりますが、大きな収益を上げる事業に出資することができれば、高い利回りを達成することができます。

国内では、AIP証券という証券会社が運営するスマートエクイティ
が人気です。

smart

株式型クラウドファンディングで莫大なリターンを

株式型クラウドファンディングでも、プロジェクト掲載者は投資型と同様事業者で、事業の成長に必要な資金を集める目的で掲載が行われています。異なるのはその対価で、出資者には具体的なリターンが定められているわけでなく、出資を行うと出資先の株主になります。仮に出資先がIPOを行ったり、M&Aで買収された場合には、株主である出資者は莫大なリターンを得る可能性があります。一方、現行の法制度では出資額に制限があり、1案件あたり50万円までしか出資できませんし、IPOやM&Aといったイベントが起きない限り株式は基本的には保有しているだけの塩漬け状態になりますので、資産運用という観点では少し厳しいようにも感じます。

利回り15%も可能、資産運用としてのクラウドファンディング

実際に資産運用の観点からクラウドファンディングを考えると、やはり融資型クラウドファンディングか投資型クラウドファンディングを選択するのが良いでしょう。そもそも購入/寄付型のクラウドファンディングは経済的リターンを目的としたものではないケースが多いですし、株式型は未上場の株を扱う以上、売却する場所がなく、流動性に欠けます。
また、他の資産運用との比較で言うと、銀行の5年定期預金で高くて0.2%程度ですし、日本国債に至ってはマイナス金利となっている現在、融資型クラウドファンディングも、投資型クラウドファンディングもほとんどデフォルト事例がない上に期待利回りは5~15%と言われており、大変魅力的な数値を叩き出しています。

おすすめは融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングには投資型クラウドファンディングだけでなく、株式投資や投資信託と比較しても多くの優位性を持っています。まず、前述の通り期待利回りが平均的に非常に高い水準です。その一方で、多くの融資案件には担保が設定されており、貸し倒れのリスクが低減されています。現状多くの融資型クラウドファンディングプラットフォームで、一度もデフォルトが起きていないという表記がなされています。株式や投資信託のような高いボラティリティがないまま、最大15%の利回りを達成しています。また、分配タイミングも早く、融資型クラウドファンディングでは毎月分配型の融資案件がスタンダードです。出資した翌月から利息が返還されるので、出資者にとっては実入りが早くうれしいですね。

いかがでしたでしょうか。クラウドファンディングを資産運用や不労所得に活かすための一助になれば幸いです。融資型のプレイヤーを簡単に分類しておくと

海外新興国向け、高利回りのクラウドクレジット

国内事業者、不動産事業者向けのみんなのクレジット

国内最高水準の高利回り不動産型クラウドファンディング、ラッキーバンク

リスクを極小化、安全にミドルリターンを追求するOwnersBook

などが挙げられます。未経験の方は是非クラウドファンディングに挑戦してみてください。

crowd

minnano

lucky

owners

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*