クラウドクレジットをどこよりも詳しく徹底解剖

ソーシャルレンディングの中でも、異色の存在と言えるクラウドクレジット。気になる2chやブログでの評判から、利回りを含む分配の実績、手数料まで、この記事ですべて網羅できます。ソーシャルレンディングの登録を検討している方、クラウドクレジットでの口座開設を検討している方は必見です。

クラウドクレジットとは

クラウドクレジットは、クラウドクレジット株式会社が運営する、海外への融資案件の取り扱いを専門としたソーシャルレンディングサイトです。海外案件を取り扱うソーシャルレンディングサイトは、国内にもほとんどありませんので、クラウドクレジットは貴重な存在として評価が高いです。

一口に海外と言っても様々な国の案件を取り扱っており、南米ペルーにはじまり、アフリカはカメルーン、バルト三国や東ヨーロッパのジョージア向けの融資案件を掲載しています。また、融資先は個人向けの案件と中小企業向けの案件、どちらも取り扱っており、案件の多様性を求める方には絶好の出資先が見つかるプラットフォームとなっています。

気になる利回りですが、多くの案件が9~12%程度となっています。これは、業界でもトップのパフォーマンスで、最も利回りの高い出資案件はなんと15%弱をたたき出しています。この高い利回りには、海外案件を専門にするクラウドクレジットのみが享受できる恩恵です。後ほど詳しく述べますが、海外案件には国内案件にはない最大のメリットがあるのです。

これだけの利回りを叩き出しているので、もちろん2chやブログでのクラウドクレジットの口コミはポジティブなものが多いです。しかし、評判が良いのは利回りの高さだけではありません。クラウドクレジットの案件の特異さにも注目が集まっています。

ソーシャルレンディングでの出資に慣れてくると、多くのケースでほとんどの方が案件の幅を広げてポートフォリオ戦略を取るようになります。ソーシャルレンディングのユーザーの多くは、他の金融商品と比較するとソーシャルレンディングは抜群に利回りが高いので、出資案件の分配金が振り込まれると、資金をなるべくソーシャルレンディングに投下したいと考えるようになります。しかし、例えば不動産融資案件ばかりに出資していると、不動産マーケットが崩れたときに一気に出資先がデフォルトの危機に晒されてしまいます。こういった背景から、多様な地域の多様な融資先を探し求めるようになるのです。その際の受け皿がクラウドクレジットでなのです。案件の利回りという点でも業界トップですが、そういった「案件の多様性」を求めるユーザーのニーズに答えられる稀有な存在でもあります。

運営会社 クラウドクレジット株式会社
代表者 杉山智行
株主 マネックスベンチャーズ、フェムトグロースキャピタル等
所在地 千代田区麹町3-12 アネックス麹町 5階
利回り 5.3~14.7%
出金手数料 なし
デフォルト 0%
担保の有無 無いものが多い
お問い合わせ電話番号 03-6268-9210
FAX番号 NA
メールアドレス info@crowdcredit.jp
設立 2013年1月
サービス開始 2014年7月
元本の返済 元利均等方式
分配タイミング 毎月分配が多い
運用期間 7か月~4年
早期返済 なし
最低出資金額 1万円

クラウドクレジットの詳細について更に気になる方ははこちらの記事で確認してください。
クラウドクレジットの基本情報

クラウドクレジットのネットでの評判

クラウドクレジットは伊藤忠商事やマネックスから増資による資金調達を行っており、株主に大手企業が名を連ねています。そのような観点からも信頼性が高いことでも有名ですが、ブログ等にはどのような評判や口コミが記述されているのでしょうか。
ブログなどからクラウドクレジットの評判を集めてみました。

“何の面白味もない平凡なソーシャルレンディング企業と違って、今回紹介するクラウドクレジットの商品には他にはない斬新さがあります。公式ホームページで、新たな投資機会を個人投資家に提供すると謳っているように、既存の証券会社では用意できないような特色ある商品がラインナップされています。”
引用元:クラウドクレジットというユニークな商品を送り出す異色のソーシャルレンディング企業
https://onewayinv.com/social-lending/post-2643/

“ここの特徴としてとにかくメールでの顧客への連絡がマメで、今回の第3者割当増資の件もメールで連絡がありました。
お知らせ:伊藤忠商事株式会社から約2億円の第3者割当増資を実施
リスクの高い投資ですので信頼性の確立には気を使っているのがうかがえます。”
引用元:クラウドクレジットが伊藤忠から約2億円の第三者割当増資を実施
http://haitoukinseikatu.com/blog-entry-394.html

クラウドクレジットのブログ上での評判は、やはりその商品ラインナップの豊富さを褒めたたえる声が多いようです。個人が南米やヨーロッパに単独で融資を行うなど基本的には不可能なので、新たな投資機会を提供し、出資者のニーズに答えているということなのでしょう。
また、出資者への透明性の高い情報提供に関しても定評があります。マメな連絡だけでなく、クラウドクレジットでは他のソーシャルレンディングサイトとは異なり、貸金業法の規制に縛られないファンド型の案件募集を行っているため、融資対象の企業名なども含め、詳細な情報公開が可能です。

クラウドクレジットの2chでの評判

加えて、2chでの口コミはどうでしょうか。
代表的な意見を以下に抜粋します。

“クラクレは不動産担保ばかりの時代の最後のオアシス”
[高金利]ソーシャルレンディング[投資型クラウドファンディング]その20
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/market/1476343298/
※クラクレ:クラウドクレジット

やはりここでも案件の特異さや豊富さが評価されています。
現状、ソーシャルレンディングサイト全体を見回すと、不動産融資案件が非常に多くなっています。

“カメルーンのヘッジあり、利回りいいね
トラレン、ラキバン、クラクレで分散するわ
8%は超えないとソシャレンに投資する意味ないわ”
[高金利]ソーシャルレンディング[投資型クラウドファンディング]その20
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/market/1476343298/
※トラレン:トラストレンディング
※ラキバン:ラッキーバンク
※ソシャレン:ソーシャルレンディング

こちらの口コミでは利回りに言及しています。やはり高利回りでの運用を求める方にはクラウドクレジットの評価は高いようです。
一方でネガティブな意見にはどのようなものがあるのでしょうか。

“ルーブルなんて怖くて投資できないよな
こういうのになんで為替ヘッジつけないんだよ
そういうところが足りないんだよクラクレはいつも ”
[高金利]ソーシャルレンディング[投資型クラウドファンディングその17
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/market/1467026733/

海外への融資ということで為替リスクを懸念する声が挙がっています。為替リスクが気になる方は為替ヘッジ付きの案件もあるようなのでそちらを検討してみてはいかがでしょうか。

“クラクレさん、上場する元気があるなら、保有プロジェクト一覧の画面何とかしてよ。
集計表示がダメなら、CSVで全明細を落とせるくらいにして欲しい。DB使ってないのかなぁ。 ”
[高金利]ソーシャルレンディング[投資型クラウドファンディング]その19再
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/market/1474597123/

こちらはシステムの使いづらさを嘆く口コミです。開発やUI/UXの設計はまだまだ課題があるということでしょうか。
他のサイトも含めて、2chの評判を更に確認したい方は、こちらの記事からどうぞ!
ソーシャルレンディングの2ch口コミまとめ

クラウドクレジットの持つリスクは?

まずなんと言っても、クラウドクレジットに投資する上で注意しなければならないのは為替リスクです。海外への融資案件のみの掲載となっているので、出資元本や分配金は為替の値動きによって変動します。当初の計画通り融資が実行され、回収を行うことができた案件が為替差損によって元本を割れ込む、といったケースも一度だけですが過去実際に起きています。こういったリスクを背負いたくない方は、少し利回りは下がってしまいますが、為替ヘッジつきの案件を選んで投資しましょう。

一方で、為替差損が起きるということは為替差益が生じる可能性もあり、融資時の金利に加え二重でリターン得ることができる可能性もあります。特にBREXIT後は、日本からの融資に有利な状況が続いていますので、為替の知識がある方は是非二重のリターンを狙ってみてはいかがでしょうか。

クラウドクレジット特有のリスクは、為替の問題であるということは理解いただけたと思います。その他の点で言うと、やはり融資先が海外で、特に新興国なども含んでいることにリスクを感じる方も多いかもしれません。まず前提として、クラウドクレジットでは各国に支社を作るなどして、現地コミュニティや融資案件を深く理解する取り組みを行っています。これによって精度の高い案件の審査が行われ、デフォルトのリスクを下げています。

加えて、クラウドクレジットは特にリスクが高く感じる海外への融資に際して、デフォルトを起こさないための施策として、分散投資を徹底しています。国内の他のソーシャルレンディングサイトでは、募集案件の融資対象先は二件であることが多く、かつうち一件は形式上のダミー融資先であることが多いと言われています。つまり、その案件内では融資先は分散しておらず、出資者は複数の案件に投資することでリスクを分散させねばなりません。

その一方で、クラウドクレジットの案件は対象融資先が数千~数万となっており、一案件でも十分にリスクが分散されているので、元本割れのリスクが著しく下がります。数万件もの融資先があれば、デフォルトが少々起きても他の案件でカバーできますね。このようにクラウドクレジットでは、海外新興国融資の不安を取り除く施策を行っています。

クラウドクレジットでは、定期的にセミナーを行っており、リスクを低減させる仕組みや、案件をソーシングする際の手法などを公開していますので、興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

クラウドクレジットは儲かるの?

ここまで様々な側面に触れてきましたが、クラウドクレジットは儲かるのソーシャルレンディングサイトなのでしょうか?
もちろん金融商品ですので、必ず儲かるというわけにはいきませんが、少なくとも国内ではナンバーワンの期待利回りを維持しているサイトだということは疑いのない事実でしょう。

海外融資案件の利回りが高い理由として、多くの案件に当てはまるのが「新興国の経済成長が織り込まれている」という点でしょうか。
貸出先の対象となっている国の中には、GDPベースで10%以上の経済成長を遂げている国もあります。こういった国の企業や個人に融資を行う場合、仮に実態として15%の金利でしか融資を行えない案件でも、経済成長を考慮すると10%分を上乗せし、25%での貸出が可能となります。クラウドクレジットの海外融資案件の利回りが高く設定されてるのにはこういった事情があるのです。日本にいながら、新興国のダイナミックな経済成長の恩恵に預かれる貴重なチャンスを提供しているとも言えます。このあたりの詳細が気になる方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。
海外ソーシャルレンディング投資情報

クラウドクレジットの手数料は?

また、手数料についてですが、出資の際に発生する送金手数料は有料になります。この出資時の送金手数料は他サイトも基本的に有料なので固執する必要はありません。一方、出資案件のリターンとして分配される分配金の出金に掛かる手数料は無料のサイトと有料のサイトに分かれます。

しかし、クラウドクレジットはこのどちらにも当てはまりません。通常、分配金は各ソーシャルレンディングサイト内にある出資者専用の口座にプールされる仕組みになっているのですが、現在クラウドクレジットはこういった仕組みを用意していません。分配金は直接ユーザーの口座に振り込まれます。つまり出金手数料は無料です。ただし、再投資を行う際には再度送金手数料を支払う必要があります。預託金口座と呼ばれる、分配金をプールする口座が用意されているソーシャルレンディングサイトでは、再投資は手数料無料で行うことができます。クラウドクレジットもこの仕組みを準備中ですが、まだこのサービスは開始していません。

手数料に関しての結論は、短期の案件に何度も出資を行う場合は多少手数料が気になるが、長期案件の場合はそう頻繁に新規出資を行うわけではないので、手数料は無視でっきるほどコストとしては小さい、という形でしょうか。また、近日中に預託金口座、つまりクラウドクレジット内の専用口座サービスが開始されるとのアナウンスもあるので、それを待っても良いでしょう。

※追記 2016年11月から、預託金口座のサービスが開始され、クラウドクレジット内の口座から再投資が行えるようになりました!

いかがでしたでしょうか。クラウドクレジットの全貌が明らかになり、出資に気持ちが動いた方もいるかもしれません。
興味を持った方は、是非サイトを訪れてご自分の目で確認してみて下さい。

クラウドクレジット公式HP

Pocket

SNSでもご購読できます。